富戸 魚多し

アオリイカの産卵も続いています。

そんな砂地を行くと、イネゴチ、ムレハタタテダイ、ウミテング

ヒラメ、メイタカレイ、コウベダルマガレイなどが楽しめます。

[広告] VPS


岩場では、スズメダイの群れが

次から次へと列を守るように流れてきます。

カンパチやイナダ、アジ、イワシの群れも綺麗です。

クロホシイシモチの口内保育も至る所で観察できます。



 ↑  ↑  ↑
ブログランキングに参加中!
上のボタンをカチッと1回、ご協力を

伊豆・富戸を中心に海情報は伊豆ダイビング情報から ↓↓



スポンサーサイト

伊豆富戸 快適なダイビング

透明度が滅茶苦茶良いです。

水温も浅瀬では、24℃と暖かい

季節柄、体験ダイバーが増えていますが、ラッキーですね。

こんなコンデションの良い富戸を体験したらたまらないです。

今日もウミテング、ヤシャハゼと楽しめました。

ヤシャハゼ


しかし

長年楽しませてくれたあのミジン君が行方不明に

年齢的なもの?油断して襲われた?ダイバーがしつこいので他へ転居?

いろいろと推測されますが、勿論、真実は不明

明日にはひょっこりと戻ってくることを期待したいのですが・・・


アオリイカの産卵も続いています。

近くには、テンスモドキ、サカタザメなども見られました。

今は、ともかく浅瀬のクロホシイシモチの群れが綺麗です。





 ↑  ↑  ↑
ブログランキングに参加中!
上のボタンをカチッと1回、ご協力を

伊豆・富戸を中心に海情報は伊豆ダイビング情報から ↓↓



富戸 透明度がよくなりました

驚きです。

透明度が超回復。10m~20mは見えています。

こんな時には、本当にいろいろなものが見えてきます。

ウミテング


ウミテング、ミジンベニハゼ、カミソリウオの定番組に

ミズヒキガニ、オルトマンワラエビ

カンパチの群れにキンギョハナダイの大群

砂地では隠れているオニオコゼ、ヒラタエイなど

面白いように見つかります。





 ↑  ↑  ↑
ブログランキングに参加中!
上のボタンをカチッと1回、ご協力を

伊豆・富戸を中心に海情報は伊豆ダイビング情報から ↓↓



富戸 トラフナマコの放精


今日は、トラフナマコが一斉に放精、放卵をしていました。

この放精のきっかけはなんなんでしょうか?


[広告] VPS


海は、透明度が悪くなっていますが

アオリイカの産卵をはじめ、カミソリウオ、ミジンベニハゼ

イナダの大群

大小取り合わせて楽しめます。

個人的な話ですが、昨日の夜から突然肩が痛くなって

ウエットスーツを着るのが大変

タンクを背負うのが大変

痛い1日になりました。

夕方、ゲストとの挨拶もそこそこに(申し訳ございません)

休日診療の整形の病院へ

注射を打ってきて、少し回復。

今日もがんばります。

この時間に書いているのも、ゲストが渋滞にはまったようで、待ち時間の利用です。

この連休は大渋滞で、3日間とも到着遅れとなりました。







 ↑  ↑  ↑
ブログランキングに参加中!
上のボタンをカチッと1回、ご協力を

伊豆・富戸を中心に海情報は伊豆ダイビング情報から ↓↓



富戸 一転透明度悪し

透明度が悪くなっていました。

どうしちゃったのでしょうかね。透明度6m~8m

厳しい海ですが、魚がけっこう出ていたのはラッキーでした。

[広告] VPS


このヤシャハゼ 出ているとこんなに元気ですよ~


イナダに追われたこの群れ

[広告] VPS


キビナゴの大群です。凄いです。






 ↑  ↑  ↑
ブログランキングに参加中!
上のボタンをカチッと1回、ご協力を

伊豆・富戸を中心に海情報は伊豆ダイビング情報から ↓↓



富戸 この透明度は?

富戸の水温が凄いことになっています。

下の方で、17℃ 上で23℃

綺麗な潮が水深10m辺りではっきりと別れています。

ウミテングを見て、アオリイカはパス。

後で聞くと、朝はかなり産卵に来ていたそうです。

サカタザメを見て、更に行くとオルトマンワラエビが3匹も一辺に

オルトマンワラエビ


キンギョハナダイの群れが綺麗です。

潮が流れ、一斉に同じ向きに泳ぐ姿は、本当に綺麗です。


ベニカエルアンコウ、スジコウイカ、キホシスズメダイなどもいい感じでした。

スジコウイカ





 ↑  ↑  ↑
ブログランキングに参加中!
上のボタンをカチッと1回、ご協力を

伊豆・富戸を中心に海情報は伊豆ダイビング情報から ↓↓



富戸で小物三昧

タイトルと動画の内容が違うとまずいかなとおもいつつ

載せてしまいました。キビナゴが海草に突っ込んで絶命していました。


[広告] VPS


びっくりです。

小物は、ウミテングから始まり、カミソリウオ、ヤシャハゼ、

ネジリンボウ、ミジンベニハゼ、ベニカエルアンコウ、

アカホシカクレエビなど被写体満載の富戸の海でした。

ベラの産卵、アオリイカの産卵も楽しめます。




 ↑  ↑  ↑
ブログランキングに参加中!
上のボタンをカチッと1回、ご協力を

伊豆・富戸を中心に海情報は伊豆ダイビング情報から ↓↓



伊豆富戸 ヤシャハゼ

昨日は、八幡野でバルスイバラモエビを堪能したのですが、

今日は、な、なんと~ ヤシャハゼと遭遇です。

ヤシャハゼ


昨年、出ていた個体が年を越したのでしょうか?大きめのやつです。

穴に隠れてもすぐ出てきてくれます。

ダイバーが静かに見てくれればかなり楽しめそうです。

今日も我々の後に、他の人が見に行ったら、既に数人のダイバーがいて

見られなかったとのこと。引っ込むか、やっぱし

明日は大丈夫かな~と心配していますが、期待できますよ。きっと




 ↑  ↑  ↑
ブログランキングに参加中!
上のボタンをカチッと1回、ご協力を

伊豆・富戸を中心に海情報は伊豆ダイビング情報から ↓↓



富戸 透明度が・・・

浅場の水温26℃

でも、透明度が悪い~ 4~5mと厳しくなっています。

しかし、水深7~8mを越せば

いい感じに

浅場では見難いイワシの群れも緑バックになりますが

はっきりと見えています。

最近、見かけないアオリイカもこの群れの周りで漂っていました。

産卵はどうしたのでしょうか?

ヨコバマの産卵床には、全く産みに来ていません。

それでも、砂地では、ハナハゼ、ダテハゼ、ネジリンボウと楽しめます。

ネジリンボウもしっかりとでていたので動画にしてみました。

[広告] VPS




 ↑  ↑  ↑
ブログランキングに参加中!
上のボタンをカチッと1回、ご協力を

伊豆・富戸を中心に海情報は伊豆ダイビング情報から ↓↓



続き 八幡野漁り火ナイト

続きで八幡野漁り火ナイトをご報告

なかなかの数が集まって初の試み「漁り火ナイト」が実施されました。

ナイト準備


ほのかな光の中、砂地を走るイセエビ、ネコザメを発見

寝ている魚もじっくりと楽しめました。


[広告] VPS


ソフトコーラルをくわえて寝ているアミメハギは、飽きない。

実施したことの反省する点があれば、

検討して次回に繋げたいですね。

久々のナイトでしたが、楽しかったです。






 ↑  ↑  ↑
ブログランキングに参加中!
上のボタンをカチッと1回、ご協力を

伊豆・富戸を中心に海情報は伊豆ダイビング情報から ↓↓



昼や海洋公園 夜は八幡野ナイト

伊豆海洋公園を潜ってきました。透明度が悪い中

良い潮が入ってくるといい気持ちになります。

流れが強く当たる心配もありますが、流れながら

砂地を楽しんできました。

[広告] VPS


アオブダイが着底して、ホンソメワケベラのクリーニングを

受けています。その側には、順番待ちをする

タカノハダイやミギマキなどの魚が見られます。

カミソリウオ


他にカミソリウオ、ベニカエルアンコウ、オルトマンワラエビなど

楽しめました。

更に夜は、八幡野の漁り火ナイトに参加。

このナイトは初試みのもので、ポイントの上を漁り火が照らし出します。

薄らと、水底が明るくなります。

続く





 ↑  ↑  ↑
ブログランキングに参加中!
上のボタンをカチッと1回、ご協力を

伊豆・富戸を中心に海情報は伊豆ダイビング情報から ↓↓



プロフィール

mon太郎

Author:mon太郎
MUNE DSのブログです。

最新記事
お勧め情報
ダイビング情報リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
blog内検索フォーム
キーワードで検索してみて下さい。
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
フリーリンクサイト
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
楽天
最新コメント
最新トラックバック