久々の八幡野

久々の八幡野というか久々の伊豆の海

東北の海から帰ってきました

伊豆の海は暖かい

魚も多い

アジの群、イワシの群

キンギョハナダイの群など癒されます

他にもベニカエルアンコウ、ミナミハコフグ

アカホシカクレエビなど

人気者も多数見られました。

bbq


今日は、BBQの日

漁師さんが海の幸BBQをやってくれました

美味しかったな~






 ↑  ↑  ↑
ブログランキングに参加中!
上のボタンをカチッと1回、ご協力を
伊豆・富戸を中心に海情報は伊豆ダイビング情報から ↓↓




スポンサーサイト

南三陸支援

南三陸町で調査ダイビング

水底の生物を観察調査してきました

一定の枠の中にどんな生物がどれくらいいたかを

定点で調べていきます

コンデションが悪くなっているようで

思ったより透明度が悪い所も・・・

写真がうまく写りません!

調査


当分はこちらからの情報

伊豆ダイビング情報を少しお休みです




 ↑  ↑  ↑
ブログランキングに参加中!
上のボタンをカチッと1回、ご協力を
伊豆・富戸を中心に海情報は伊豆ダイビング情報から ↓↓




今日も富戸の海

アオリイカの産卵が順調とはいえ

まだまだ数が少ないかも

アオリイカ


これからに期待したいです

かなり前から見られていたカミソリウオ

ここ数日見つけられなくなっています

他のチームに聞くと、いるようなのですが

なぜだか見つからない。相性が悪くなったかな(^^;)

浅場では、クロホシイシモチの口内保育が

多く見られるようになってきました

浅場でじっくり観察するのも面白いです

イワシやアジも群も浅場に回ってきていました

浅場が今最高?かもな

カエルアンコウ


深場のカエルアンコウ(小)も相変わら

隠れるようにいます

じっくりみていると可愛い顔です

面白い海をお楽しみ下さい












 ↑  ↑  ↑
ブログランキングに参加中!
上のボタンをカチッと1回、ご協力を
伊豆・富戸を中心に海情報は伊豆ダイビング情報から ↓↓




富戸 ワキノハマでアオリイカ

ワキノハマでは安定してアオリイカの産卵が見られるのですが

透明度の関係でなかなか写真が載せられないのが残念

綺麗に撮っている人のカメラが羨ましい

透明度に関係ない小物写真の出来も

こんな感じだから

konohagani


ミアミラ


しかし、カメラのせいだけではないのだろう

折角の被写体、大事に撮ってあげたいものだが

ガイド中に流れの中でサッと撮らせて頂いている写真なのだから

あくまでも記録的写真

ガイド中に撮ってる写真が良すぎるのも考えものかもね。





 ↑  ↑  ↑
ブログランキングに参加中!
上のボタンをカチッと1回、ご協力を
伊豆・富戸を中心に海情報は伊豆ダイビング情報から ↓↓




伊豆海洋公園も冷たい水が

冷たい水が入ってくると透明度が良くなっている最近の海

良いような悪いような

暖かいけど5~6mしか見えない海と

15m以上見えるけど冷たい海

どっちが良いかなと考えるとやっぱり見える海だなと

僕は思う(^^;)

しかし、今日は人気のハナタツを探している最中に

冷たい潮が入ってきて、動かないものだから余計ブルッときた

小物探しをしているときには、これほどの透明度は必要ないなと

いろいろ思いながらも見つからないので焦っていると

大体の場所を知っているのか後から来たチームが見つけてくれた

実に巧く隠れていた

偽装?擬態上手だ

見つけてくれたチームも知り合いの男性ガイドかと思っていたら

女性のイントラ

黒の6.5mmのスーツでフードもしていると分からない時がある

うまく化けている 偽装だ? いや化ける必要はないから

男勝りのかっこいい女性イントラだったということだろう

結局なにが言いたいかと言えば、「間違えてごめん」という事だ

イガグリウミウシ


ハナタツを探している時に、可愛いウミウシが見られた





 ↑  ↑  ↑
ブログランキングに参加中!
上のボタンをカチッと1回、ご協力を
伊豆・富戸を中心に海情報は伊豆ダイビング情報から ↓↓




富戸 冷たいけどいい潮が・・

海に行く前の温泉丸で

漁師さんから水深10mで水温16℃の潮情報を聞いてびっくり

エントリーしていくと、ある水深からは、16℃と言うほど

冷たくなかったのですが、水面に比べるとひやっとします

時間の関係でしょう。潮が動いたようで助かったか?

いい潮なので遠くがよく見え僕的には気持ちがいい!

お陰で、ネコザメ、カスザメ、シビレエイなども

遠くから見つけ近づくことが出来ます

カミソリウオ


ミルに隠れているカミソリウオもゆらゆらと

揺れてミルから離れているのがよく見えるので見つけやすい

水温も冷たいのでアオリイカは諦めて

岩場の奥の方へ移動すると

カエルアンコウ

このカエルアンコウ確かに成長しています

だんだんと見やすくなっています(^^)

クマノミの卵を見るときは気をつけないといけない

親クマノミが襲ってきます

結構、痛いですよ

アマミスズメダイ


以前から探していたアマミスズメダイも

自信をもって岩の上を泳ぎ回っていました

岩穴にさっと隠れなくなってこれからは見やすくなりますね

他にもいろいろなシーンを見ることが出来ました

いい海でした

水中七夕の笹に願いを込めた短冊を結びに来ませんか?なんてね(^^)





 ↑  ↑  ↑
ブログランキングに参加中!
上のボタンをカチッと1回、ご協力を
伊豆・富戸を中心に海情報は伊豆ダイビング情報から ↓↓




プロフィール

mon太郎

Author:mon太郎
MUNE DSのブログです。

最新記事
お勧め情報
ダイビング情報リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
blog内検索フォーム
キーワードで検索してみて下さい。
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
フリーリンクサイト
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
楽天
最新コメント
最新トラックバック